nofollow 属性

似たページがあっても評価を 下げられないようにしたい。
noindexタグを使って検索結果に表示させないようにする方法もあります。 nofollow 属性でリンクを渡さないようにする事が重要です。 ページに価値がないことを、あえて Googleに示すという考え方です。

重複コンテンツと判定されるのを避ける事も重要です。 Googleに対してぺージを検索結果に表示しないよう伝えるためのタグがnoindex タグです。もともとは会員限定のぺージなどの、検索結果に表示して欲しくないぺージに対して使うタグでしたが、最近は Google から重複(低品質)コンテンツと判定されるのを避けるために使われる ことが増えています。特にパンダアップデート以降、 積極的に利用され始めた要素です。繰り返 しになりますが、パンダアップデートにより、オリジナリティのある コンテンツを含んだWebページの評価が高くなり、ほかと似ている、あるいは情報が薄いコンテンツの評価が低くなりました。
しかし率直に言って、このアルゴリズムには欠陥があ ります。「価格順」 や「エリア別」「カテゴリ別」などのユーザーにとって有益で、あるはずの分類も、「似たぺージ」と して判断されるようになってしまったのです。こ のあたりは改善するよう訴えたいところですが、まずは noindexの設定で対策しておきましょう。
noindex タグの記述方法 noindexタグは下記のように記述します。

<meta name=”robots” content=”noindex ,follow”>
要素の値にfollowという記述がありますが、これは「ページの中に記載してあるリンク先はきちんと見てという意味です。 noindex , followをセットで簡単に説明すると、「このぺージ自体はインデック スしてもらうほどのオリジナリティはないけれど、リンク先はちゃんと したぺージだからきちんと見てJという意味になります。

通常、ハイパーリンクを設置すると、設置したぺージからリンク先の ぺージに向けて SEO 的な意味での評価が渡されます。そうしたリンク を通じた評価を、 Google が検索順位を決める際の重要なシグナルの1 つとしているのは、これまで説明した通りです。 しかし、リンク先が信頼できないページであるときなど、リンクの評価を渡したくないケースも存在します。その際に使用するのが nofollow 属性です。リンクに nofollow 属性を設定すると、リンク先 へ評価を渡さなくなります。 nofollow 属性の記述方法と、利用するケースの例を下記に示します。
手軽な対策編
。記述方法
<a href= http: example.com” rel=”nofollow”> アンカーテキスト </a>
nofollow を利用するケースの例
信頼できないページにリンクをするとき(注意喚起の意昧で悪質 サイトを掲載するなど) 広告記事に設置するリンクやアフィリエイトリンク(リンク売買 への抵触をさけるため)
noindex にしているページへのリンク -コメント欄や掲示板など CGM コンテンツに自動付与する(被リン ク瀬としてスパマーに悪用されるリスクを減らす) コンテンツシンジケーションやプレスリリーススタンドなどを使用し、同じコンテンツが多数のドメインに転載されるとき