パンくずリスト

Google に対してサイト構造を示すのがいいです。パンくずリストを使ってサイトの構造をGoogleに知らせることができます。パンくずリストのテキストにはターゲットキーワードを加える。

パンくずリストを設置しましょう。
パンくずリストとは、あるWeb ページがサイト全体の中でどんな位置にあるのかを示すものです。童話「ヘンゼルとグレ ーテル」で、ヘンゼルが森の中で迷わないよう、パンくずを落としながら歩いたことから命名されたといわれています。言葉で説明してもわかりにくいと思いますので実際のサイトでどの ように使われているか、例を挙げてみましょう。

パンくずリストがあると、ユーザーは上の階層への移動が楽になり、サイトの中で迷子になりづらくなります。このようにユーザビリティ的にも重要な要素ですが、 SEOとしても重要な要素となっています。

Google はパンくずリストを見てサイト構造を把握する Google はサイト構造を把握する重要なヒントとして、パンくずリストを使用しています。あるサイトがどんな情報をどれくらい持っているのかを判断するために、ぺージの種類別にグループ分けをしているのです。

Googleはこれらのパンくずリストが設置されたぺージを認識して、 「このサイトはルイ・ヴィトンの品揃えがよいサイトなんだな」と判断するのです。
パンくずリストの悪い例 では、もしパンくずリストが以下のように設置されていたらどうなる でしょうか。 Google からきちんと評価を受けるためには、 サイトの構造を整理して階層化し、その階層構造をパンくずリストで伝 える必要があるのです。