テキストの設置

新たにサイトを制作する作業は楽しいものです。どんなコンテンツを載せようか、どういった点で競合と差別化を図ろうか、ユーザーにとって使いやすくて印象に残るデザインはどんなものか……など、いろいろな想いが膨らみます。
しかし、サイト制作時にありがちな失敗として、見た目のデザインば かり気にしてし まって、 SEO要件が抜け落ちることがあります。せっ かくきれいなサイトを作っても、見てくれるユーザーがいなければ存在しないも同然です。

サイ トの印象を決めるトップぺージには、見栄えをよくするために画像が多用される傾向があります。画像ばかりで地のテキス卜がほとんど入っていないトップページもめずらしくありません。きれいな画像がふんだんに使われたサイトは、確かに華やかで見ているだけで楽しいものです。 しかし残念ながら、 Google は画像からその意味を読み取ることができません。Googleにサイトを理解してもらうためには、テキストの設置が不可欠なのです。

そうはいっても、デザインへのこだわりや操作性の面から、目立つところにテキス卜枠を設置したくないこともあるでしょう。そのような場合には、画像で固めている文字をなるべくテキストに置き換えます。装飾すれば、画像で表現したものにも見劣りしないレベルのものが作れます。また、見た目や操作に影響しにくい、サイトの下部にテキ スト枠を設置することも考えてみましょう。

このテキスト枠設置のテクニックは、トップページに限らず、下層ペー ジでも使えます。画像ばかりでテキス卜量が少ないページがある場合には、このように枠を追加してテキスト量を補うとよいでしょう。
トップページからのリンクは強い トップページは、「そのサイトの中でもっとも重要なページ」だと Google から判断されやすいぺージです。そこから直接リンクされてい るページは「もっとも重要なぺージから直接誘導されている、次に重要 なぺージと認識されます。そのため、検索からの流入を増やしたい下層ページへは、トップページから直接リンクを設置してください。

また、リンクはなるべくテキストで設置し、アンカーテキストに はリンク先のぺージのターゲットキーワードを含めましょう。アンカーテキストはユーザーに対して「このリンクをたどった先に何があるのか」 を示すものですが、 Google に対しても同じ役割を果たします。アンカーテキストも、簡潔にターゲット キーワードが含まれています。 SEO とユーザーの使いやすさを両立し ているよいお手本といえます。