キーワードプランナー

流入キーワードや成約に至っているキーワードを確認する。
すでにサイトを開設している場合には、過去に流入が多かった検索キーワードや、成約に至った検索キーワードもチェックしましょう。 Google Analyticsというアクセス解析ツールさえ導入していれば、 これらは簡単に調べられます。

同業他社をチェックする事が大事です。 ライバルサイトの検索に使われていそうなキーワードを分析すると、 よいヒントを得られます。同業他社の中で、 SEO 施策がうまくいって いるサイトを重点的にチェックしましょう。まずは、メインのターゲッ トキーワードで検索順位が上位に表示されているサイトを参考にしてみ てください。

アフィリエイトが盛んなジャンルでは、アフィリエイターが強力なサ イトを作っている場合もあります。そうしたサイトは、メインのキーワー ドと、「比較」「ランキング」「 口コミ」「評判」のような言葉を組み合わせて 検索してください。これらのキーワードはアフィリエイターがよく狙う キーワードなので、上位のサイトは多くのコンバージョンが発生してい る可能性が高いです。
Google の「キーワードプランナー」を活用しましょう。競合性の高いキーワードも積極的に狙ういましょう。
Google がGoogle AdWordsの付属機能として提供をしているのが、キーワードプランナーです。Google AdWords のアカウントを開設しないと利用できませんが、開設自体は無料で行えるので、安心して ください。Google のアカウント (Android 端末やGメールなどのGoogle サービス利用時に登録 したもの)があれば、すぐに利用できます 。

キーワードプランナーで取得できる検索ボ リューム数は Google で検索されたものだけなので、 Yahoo! 検索も含 めると、およそこの2倍強がWeb全体での検索ボリュームと考えてほぼ差し支えありません。基本的には、検索ボリュームが大きいキーワードから優先順位を高めて、 SEO対策を行う形となります。
競争の厳しさCompetitionはAdWords上での競争の厳しさを表しており、この 値が1に近いほど競合性が高いです。競合性が高いキーワードは、「狙っている他社が多い与成約に至る可能性が高いキーワードですので、ニー ズの合っていそうなキーワードであればSEOでも積極的に狙っていき たいところです。

キーワードプランナーの注意点
キーワードプランナーを使う際に気をつけなければならないのは、統計的な処理が行われているために、検索ボリュームの小さいキーワード ほど精度が落ちていく点です。月に数回しか検索されないキーワードは、 キーワードプランナーで拾い上げることが困難です。 検索ボリュームが少なくても成約率が高いキーワードも存在しますの で、「キーワードプランナーで検索ボリュームがゼロだったから対策し ない」と短絡的に考えないようにしてください。

ターゲットキーワードの洗い出しをしてから、サイトの設計に入ります。これから新規にサイトを構築する場合には、必要なコンテンツの洗い出しから始めましょう 。コンテンツの洗い出しを行う際には、関係者でブレス卜を行ったり、似た構造を持った他社サイトを参考 したりするとスムーズです。必要な要素は箇条書きにしたり、カードにまとめておいたりすると、あとの作業が捗り ます。