サイト名を決めるときのポイント

サイト名にはメインのターゲツトキーワードを含める。 ターゲツトキーワードはサブタイトルに入れてもよい。
サイト名と、ト ップぺ ージのデザインは、サイトの顔といえます。サイト名を考えるときには、サイトのコンセプ卜が伝 わるか ?独自性はあるか ? 覚えてもらいやすいか?など、様々なことを勘案すると思います。ブランド重視の戦略を取るような場合は、新たな造語を考えることも多いでしよう。 SEO対策の観点からは、次の2つのポイントを押さえてサイト名を決定することをおすすめします。

サイト名を決める2つのポイント
メインのターゲットキーワードを含める 1点目は、サイト名にメインのターゲットキーワー ドを含めるということです。たとえば、ブランド古着の買取を行う サイトであれば、「ブランド古着高額買取のOO 」といった名前にします。こだわりがあってどうしてもキーワードを含められないような場合には、 OO~ ブランド古着を高額買取~といったようにサブタイトルをつけ、 ワードを含めるとよいでしょう。 一般的すぎる名称にしてしまうと、ユーザーの印象に残りづらいばかりか、サイト名で検索をかけても上位に表示されないという状態になってしまいます。 仮に、蕎麦屋を開店したので「蕎麦屋jというサイト名にしたとしましょう。蕎麦屋というキーワ ードで検索をすると、上位には食べ口グやぐるなびなどのポータルサイトや、Wikipedia などのSEO対策的に強力なサイトばかりが表示されます。この中で上位に食い込んでいくのはかなり困難で、こうしたサイト名にしてしまうと指名で検索してくれている ユー ザーですらサイトにたどりつけなくなり、機会損失が大きくなります。こうした事態を避けるために、 一般的すぎる名称は避けた方 がよいです。 .